過去ログ:
キーワード 条件: 表示:
Page: | 1 | 2 | 3 |
無題

みなさま

 21世紀の森と広場(2月5日)の観察会にてお世話になります加藤裕一です。
 先日、下見を行いました。簡単に状況などお知らせいたします。


■21世紀の森と広場

 池や湿地、農耕地、芝生広場、斜面林などいろいろな環境が
楽しめる公園です。

 下見で訪問しましたが、いくつかの冬の花、動き出した早春の植物たち、そして落葉樹の美しい樹形など楽しめました。この時期は、野鳥観察の方も多かったです。

 今回は、普段の生活でよく見かける植物や里山の植物を、あらためてじっくりと観察してみようと思います。

 ・実やタネの観察
 ・樹木の成長の仕方
 ・冬〜早春に咲く花
 ・植物とほかの生き物とのかかわり
などの話題が多くなりそうです。

 どうぞ宜しくお願いいたします。

加藤

杉浦知子 2017/02/02(Thu) 08:24 No.5592
無題

 明日の天気予報が大変微妙ですが、松戸市のピンポイント天気予報によれば15時ころまで何とかもちそうですので、21世紀の森の観察会は実施いたします。
 なお、参加申し込みに余裕がありますので、当日参加も可能です。   事務局 杉浦知子  

杉浦知子 2017/02/04(Sat) 19:51 No.5593
ヤナギ属植物の同定システム

この度、「ヤナギ属植物の同定システム」を考案してみました。
うまく機能するかわかりませんが精一杯取り組んでみるつもりです。
どうか一度ご覧いただきたく、お知らせ申し上げます。

ヤナギ属へのいざない
 http://syokubutukensaku.o.oo7.jp/yanagiizanai0.html

山口純一 2017/02/05(Sun) 22:03 No.5594
フタリシズカの花穂の数

 フタリシズカの花穂の数

 当掲示板も冬枯れの状態なので話題を提供します (私自身あまり山歩きはできなくなったが)。フタリシズカの花穂の数については従来、あまり気にしていませんでしたが、昨年の5月8日、小山田緑地のアサザ池へ降りる直前の小さな回り道で
本種の群生の中に7本の花穂を持つのを見つけた。調べてみると、1456 そして7本のがあった。
 山渓の「野に咲く花」には「2個のものが多いが、1個のもの、3〜5個のものもある」と出ている。そこで過去に私が撮ったものを調べてみると、2本が11回、3本が7回、4本が1回でやはり2本が多かった。アサザ池付近のものは花穂の数が多いと思われる。次にその写真をまとめずそのまま載せてみます。ただ真上からはっきり数が判るように撮ればよかったのに横から従来の癖で撮ってしまったので花穂が重なってしまい、写真ではよく判らなくなってしまったのが残念である。数はきちんとノートに記録しておいた。

まず花穂が1本のもの











 

suzuki 2017/02/13(Mon) 10:22 No.5606
二月の野川公園之花T

ザゼンソウ、セツブンソウ、ミスミソウ、フクジュソウ(撮影 2017/2/12)

⇒二月の野川公園之花U   三浦 訖
ウメ、オニシバリ、ウグイスカグラ、シラサギ(ダイサギ、チュウサギ、コサギの3種が区別できません、ご教授いただければうれしいです)

*省スペースのため小さな画面ですが2度クリックすると普通の大きさになります

2月の野川公園之花 V

今日春一番で更に花が増えてきました。

⇒続 2月の野川公園之花 V   三浦 訖
昨年の2月17日にはイヌノフグリは十個余り咲いていましたが今年はまだ一個だけです。

Re: 草莽庭の仲間たち

春の訪れを告げる花々で掲示板も賑わっています。
嬉しいですね。ご投稿ありがとうございました。

本日、会報「植物の友」3月号をご発送いたしました。間もなく皆様のお手元に届けられると思います。お楽しみにお待ちください。
なお、住所等の変更がありましたら事務局までお知らせください。

〇ヤマネコノメソウ
 花弁状の萼片4個、葯は8個で黄色。
地味な植物で、更に冬芽の時期にはなかなか見分けがつきませんね。

事務局 有馬麗子 2017/02/20(Mon) 10:23 No.5624
お知らせ

第16回植物基礎講座(初級向き)

期日2月21日(火) 13:00〜
場所 目黒自然教育園(雨天実施)
費用 1000円(会員外1500円)
講師 大場秀章先生に「日本植物の研究略史」についてお話していただくことになっておりましたが、急遽ご都合が悪くなり、下記のとおり変更させていただきます。

講師 山田隆彦先生
「はじめての植物観察とスミレの分類」について、お話されます。

事務局 有馬麗子 2017/02/20(Mon) 20:29 No.5627
春を探して

24日 小仏川から日影沢を歩いて来ました。もう少し春になっているかなと期待しましたが、まだまだ浅春でした。小仏川の畔には何も咲いていなくて、蛇滝口からバス通りへでるとやっと、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ツクシなどが見られるようになりました。民家の石垣のオキナグサは開きかけでした。

まこ 2017/02/24(Fri) 22:44 No.5633
⇒Re: 春を探して   事務局 有馬麗子
まこ さま

 一雨ごとに暖かくなり、春の花々もあちらこちらで産声を上げ始めましたね。
ハナネコノメやユリワサビも咲き始めたようで、ポカポカ陽気になると、じーっとしていられず忙しくなりそうです。
もうすぐ、春爛漫!ありがとうございました。
2017/02/25(Sat) 20:51 No.5638
パタゴニア

フィッツ・ロイ山群とパイネ山群などを1月中旬〜2月中旬に歩いてきました。
季節は夏から初秋、太陽が沈むのは9時半過ぎでした。蒼き氷河、多くの花や木の実、動物に出会いました。
◎ナンキョクブナ(紅葉するレンガ・ニレ、常緑のコイエ)などの木々とフィッツ・ロイ3405m

YAMABIKO 2017/02/26(Sun) 20:01 No.5639
⇒Re: パタゴニア   事務局 有馬麗子
YAMABIKO さま

 雄大な蒼き氷河を眺め、太陽の沈むのは9時半過ぎ、思いっきり有意義な時間を過ごされたようですね。英名のレディス・スリッパ―も名の由来通りで面白い花ですね。アカバナ科のチルコは、日本の園芸店では、「ホクシャ」という名で販売されているのに似ていますが…。世界には、不思議な面白い花がいっぱいあるのですね。
ここに居ながらにして、パタゴニアの花々を見させていただきまして、ありがとうございました。
2017/02/26(Sun) 23:53 No.5644
⇒Re: パタゴニア   YAMABIKO
有馬様

「ホクシャ」の名前が学名Fuchsia に似ているのでネットで調べて見たところ、ホクシャとかフクシアの名前で販売されていることを知りました。インカでは「女王の耳飾り」と呼ばれたとか、勉強になりました。
2017/02/27(Mon) 22:45 No.5645
草莽庭の仲間たち

◎マンサク
春に先駆けて「まず咲く」が訛っての命名とか。
葉が展開する前に、細長い鮮やかな黄色の4花弁が面白い腺形をして咲いています。
暗紫色の萼片も4個。完全な雄しべも仮雄しべも4個。この黄色の4花弁がすべて散った後の萼片だけを見つけたとき、「初めて見る花だー」と大騒ぎしたことを思い出しました。

事務局 有馬麗子 2017/03/04(Sat) 19:58 No.5647
裏高尾ハナネコノメ

3/4裏高尾のハナネコノメを見に行ってきました。写真撮影の人でにぎわっていましたが、まだ蕾が多い状況でした。

kitagawa 2017/03/05(Sun) 08:09 No.5649
⇒Re: 裏高尾ハナネコノメ   kitagawa
場所によっては、やや開花しているものもありました。

2017/03/05(Sun) 08:12 No.5650
Page: | 1 | 2 | 3 |

(C)日本植物友の会

- JoyfulNote -