これまでの記事は過去ログにてご覧いただけます。 古い記事から0001番の順です。
過去ログの番号を選び「切替」をクリックしてください。

*印のある項目は必須です。
*おなまえ
Eメール
タイトル
*コメント
参照URL
添付File
*暗証キー
*画像認証

投稿キー
文字色

高萩・高戸小浜海岸

先日の「高萩のハマギク、コハマギクを訪ねる」観察会の記録の一部を動画にしました。いつものように草本は平凡社の「日本の野生植物」の記載順、木本は山と渓谷社の「日本の樹木」のそれぞれ記載順に収録し、学名についてはアボック社の「植物分類表」とネット上の「YList」によっていますが今回はその一部でショウジョウバカマ(葉)、ハチジョウススキ、イガガヤツリ、ラセイタソウ、ミゾソバ、シロバナサクラタデ、シロバナイヌタデ?、ツボクサ、アシタバ、ノダケ、ヤマゼリ、アイナエ、ツルリンドウ、センブリ、ヒヨドリジョウゴ(実)、ウンランの計16.種でハマギク、コハマギクは次回に登場します。
 なお記載の誤りがありましたらmiura7@jcom.home.ne.jp までご教示いただきたくよろしくお願いいたします.
 全部で40種類くらい撮影しましたが残りについてはおいおい編集いたします
下記をクリックしてご覧ください。

http://miura7.la.coocan.jp/videos/2017-31.html

三浦 訖 2017/10/29(Sun) 12:03 No.6677 [返信]
⇒高萩・高戸小浜海岸 (2)   三浦 訖(いたる)
パソコンに不要なファイルがたまった故か動きがおかしくなったので3年ぶりに再度リカバリーしたら快調に作動するようになり予定より早く小浜海岸の第2部が完成しました。

すべて草本のキク科ばかりで ー オオオナモミ、ハマギク、コハマギク、イヌヨモギ、ツワブキ、ベニバナボロギク、シラヤマギク、ノコンギク、アキノキリンソウ、キッコウハグマ、コウヤボウキ、センボンヤリ、タイアザミ、ハチジョウナ、ヤクシソウ ー を表示しています。BGMはブルッフのスコットランド幻想曲第二楽章をバイオリン部分をピアノに変更して添付しました。ピアノのほうが耳にやさしくて眠くなるのでBGMには適しているようです。今回は著作権問題にもひっかからずしたがって広告を消す必要もありません。記述に誤りがありましたらmiura7@jcom.home.ne.jp までご教示くださるようお願いいたします。
 
http://miura7.la.coocan.jp/videos/2017-32.html

第三部木本類は次回の 2017-33 で公開します。

2017/10/31(Tue) 12:26 No.6680
⇒ 高萩・高戸小浜海岸(3)   三浦 訖(いたる)
「高戸小浜海岸 十月(3)」を公開しました

ハマサルトリイバラ、モチノキ、トベラ、ノイバラ、ミヤマシキミ、エビヅル、マルバアキグミ、キヅタ、ヤツデ、ナツハゼ、クコ、マルバハッカ(帰化)、タカサゴユリ(帰化) 下記をクリックしてご覧ください.(S様よりトベラの後半の実はシャリンバイとのご指摘をいただきました。ありがとうございました)。

http://miura7.la.coocan.jp/videos/2017-33.html

なお前編 (2) でコハマギクの記述が間違っていました..正しくは

Chrysanthemum yezoense コハマギク 小浜菊 キク科 キク属(クリサンテムム)

です. U様から教示いただきありがとうございました. ハマギクと似てるので属も同じだろうとコピー&ペーストで無造作に入力したままになっていてご迷惑をおかけしました。訂正版は従来のままで見られますがネット上には旧版も残っていますのでYou Tube のホームページからご覧になるときは「2訂版」のほうをお選びください.

2017/11/02(Thu) 11:15 No.6687
⇒高萩・高戸小浜海岸3   三浦 訖(いたる)
(3)のトベラの項の中の暗紫色の実をつけた木は

 Rhaphiolepis indica var. integerrima シャリンバイ・マルバシャリンバイ 車輪梅 バラ科 シャリンバイ属(ラフィオレピス)

であるとのご教示をS様よりいただきました。ありがとうございました。動画は変更できませんので写真を添付して訂正いたします。

2017/11/02(Thu) 22:40 No.6696
デンジソウ

31日
秦野の緑地公園にデンジソウを見にでかけたら他の水草に負けて枯れてました 慌てて別の所に
稲刈りも済んでもうみられないかと思ったのですが田んぼの側に残ってました。

YH 2017/11/01(Wed) 00:07 No.6682 [返信]
⇒Re: デンジソウ   YH
1枚目にはクローバーも写ってますが四つ葉のクローバーではありませんよ
四枚の葉が田の字なのでデンジソウと言います

2017/11/01(Wed) 00:17 No.6683
⇒Re: デンジソウ   としちゃん
 今晩はYH様、今では珍しくなったものをどうも。しかしながら葉腋からダイレクトに花柄(果柄)が出ていたらナンゴクデンジソウで外来種で比較的あります。チョット離れて付いていたら国産のものなのですが。
2017/11/01(Wed) 18:05 No.6684
⇒Re: デンジソウ   YH
としちゃん様ご指摘ありがとうございます
残念ながら私には判断しかねます 自生地として知られている地域で教えていただいた処で探したので十分な観察していません ご指摘のナンゴクデンジソウが神奈川県にもはいりこんでいるのでしょうか?
2017/11/01(Wed) 21:06 No.6685
⇒Re: デンジソウ   三浦 訖(いたる)
としちゃん 様

2014年9月26日に神奈川県の田圃でデンジソウのつもりで撮ったものですがこれもやはり外来種でしょうか。上からと横からの写真ではどう見てよいかわかりませんので私にはお手上げです。

2017/11/01(Wed) 23:11 No.6686
⇒デンジソウの見分け方   としちゃん
 拝啓、YH様、三浦様
お二人の写真、矯めつ眇めつ眺めましたが残念ながら判定できません。
 そこで自宅の沢山の図鑑、調べました。うっかりシダであったことを忘れて…。(笑)
 トンボ出版池畑著「写真で分かるシダ図鑑」を
添付しますので確認のほど。
 
2017/11/02(Thu) 15:17 No.6692
⇒Re: デンジソウ   としちゃん
添付写真送れませんでした。<br />再度送れなかった場合、同図鑑P146ページ参照してください。

2017/11/02(Thu) 15:35 No.6693
⇒Re: デンジソウ   としちゃん
 YH様、添付写真でお分かりかと思いますがナンゴクデンジソウは琉球に存在する立派な国産種でした。金魚の水草として逸出、繁殖したものでしたので…。うっかりが多く、歳を感じます。
2017/11/02(Thu) 17:29 No.6694
⇒Re: デンジソウ   YH
としちゃん様
いろいろとご指摘ありがとうございます
私も調べましたところナンゴクデンジはデンジソウよりもランクが上の国産種ですね 
それと
デンジソウは私有地に生えていますし掘り起こして確認はするつもりはありません 冬に葉が枯れればデンジソウと判りますが多分私は確認に行かないでしょう 

いろいろ勉強になりました 
2017/11/02(Thu) 20:25 No.6695
高尾山

11月1日 高尾山へ行きました。秋の花はほとんど終わって晩秋の佇まいでした。4号路―五号路―
紅葉台―一丁平―城山―日影林道を歩きました。最近の体力にしたら歩きすぎで疲れました。4号路から頂上近くの所で、オオカモメヅルの実を見ました。

まこ 2017/11/02(Thu) 14:01 No.6688 [返信]
⇒Re: 高尾山   まこ
一丁平への巻道で、咲き残っていたツルニンジンの白っぽい花。

2017/11/02(Thu) 14:05 No.6689
⇒Re: 高尾山   まこ
倒木の上に蔓を這わせたノササゲの実

2017/11/02(Thu) 14:08 No.6690
⇒Re: 高尾山   まこ
日影林道にはリンドウの花が点々と咲いていました。

2017/11/02(Thu) 14:10 No.6691
処理 記事No 暗証キー

(C)日本植物友の会

ご注意 !

最近掲示板へのいたずら投稿が増えております。
気が付き次第削除いたしておりますが、
処理が遅れることもございます。
怪しげな投稿のリンク等はクリックされないようお願いいたします。
またお気づきの節はお問い合わせ欄からご連絡いただけますようお願いいたします。

管理者


 閉じる

- JoyfulNote -